自宅出産レポート④ 陣痛再開!本陣痛へ


自宅出産レポート① 前駆陣痛スタート

自宅出産レポート② 陣痛からのお菓子作り

自宅出産レポート③ 陣痛が5~10分間隔…からの!


陣痛がピタリと止まってから数時間が経ち、陣痛が再開しました。今度の陣痛はこれまでのものとは全く違うレベルの痛みで「あぁ、これが本陣痛なんだ」と実感しました。

例えるなら、鈍器で骨盤をガンガン叩かれているとでもいいましょうか。夕方までの陣痛は最後の前駆陣痛、これからが本番なんだと痛む下半身をさすりながら夫が作ってくれた晩御飯を食べました。メニューは秋刀魚と豚汁。いつでも食べられるようにと豚汁を沢山作っておいてくれました。

本陣痛が始まってからは、私はソファーで痛みに耐えながらスマホに陣痛間隔を記録して過ごしました。夫は家の向かいの薬局へ飲み物を買いに行ったり、お風呂に水をはって塩を入れたり(2,3キロ入れたと記憶)と、出産の準備に取り掛かりました。一通り終わってからは、陣痛で苦しむ私の腰や背中をさすってくれたり、ずっと側に居てくれたのでとても心強かったです。

お腹を触ると子宮が収縮しているのがよく分かりました。そして赤ちゃんの存在を手を通してはっきりと感じることが出来ました。

陣痛間隔は徐々に短くなっていき、23時頃には5分を切ってきました。

つづく