胎盤を食す 其の3

鶴井レモンです。

夫の「俺が胎盤を料理する」発言を受けた時、正直まだ私は決心が出来ずにいましたが…

実際に夫が作ってくれた胎盤料理を前にしたらおいしそうに見えてパクパク食べてしまいました。

排出された胎盤の写真はこちら


夫から聞いた話ですが、まずは胎盤を横から包丁を入れ暫く血抜きをし、あとは一口サイズにカッティングした胎盤をガーリックと一緒に炒めて岩塩とハーブで味付けし、とろけるチーズをトッピングをしたとの事です。

レアで食べるのはちょっと抵抗があったので、良く火を通したらすこし焦げてしまいました。

夫が作った胎盤料理はこちら

まず胎盤はレバーのような独特な臭みがあると思い込んでいましたが、全く臭みがなく、また食感は思った以上にやわらかかったです。味もお肉と似ていて、胎盤と言われなければ分からないくらいでした。ガーリックとハーブが食欲をそそり見事完食をしました。

翌日は残った一部をカレーに入れてカレーライスにして食べました。一日置いたせいか、若干クセが出ていましたが、こちらもおいしく食べられました。