大泣き赤ちゃん VS スマホママ


鶴井レモンです。

今回はちょっとディスり気味な内容になってしまいますが、出産前に市が開催する両親学級に参加した時の内容です。

赤ちゃんがおっぱいをあげてもオムツを替えても何をやっても泣きやまない時、ママは別の部屋へ移動をして1時間くらいは赤ちゃんの泣き声を気にせずにスマホなど自分の時間が取れる事をやって下さいと職員の方が真顔で指導されていました。

最初聞いた時に、「えっ、冗談でしょ?」と思ったのですが…これはどこの市町村の両親学級でもそういう指導をされているのでしょうか?それとも私が参加した千葉県の一部の地域だけの話なのでしょうか?

その時に非常に違和感を覚え、あとで一緒に参加をした夫に話したところ夫も同じように思ったとの事です。


もうすぐ6か月を迎える息子は今ではほとんど泣かなくなりましたが、新生児の頃は泣く息子の顔を見ながら、「この子は何を訴えているのだろう」と考えて考えて、息子の表情を見ながら泣きやむまで向き合っていました。しかしその内に多くの先輩ママたちが仰っていたように、泣き方にパターンがある事が分かって来て、泣き声を聞くと何を要求しているのかだいたい分かるようになりました。

恐らくですが…赤ちゃんが泣きやまない事でママが育児ノイローゼになってしまう事を回避する為にそのような指導をされているのかもしれませんが、泣く赤ちゃんを放置してママは別室にてスマホで気分転換…っていう姿を想像するとなんだか違和感だけが出てきてしまいます。

今でも忘れない体験を一つ。
3か月頃に何をやっても機嫌が悪い息子に頭を悩ませていた時に夫が発した一言。


拭いてみると確かに!!ウンチの後にシャワーで綺麗にはしていたのですが、その後に残糞が出ていたらしく汚れていたんですね。

それを拭きとった後の息子は最高の笑顔を見せてくれました^^