出産直後に証明写真を撮る




鶴井レモンです。

 

プライベート出産の場合、出産を証明する第三者の存在がありません。その為、役所で出生届がなかなか受理されず子供の戸籍もすぐに作ってもらえないという事態が発生します。プライベート出産を実際にされた方のブログなどをこれまでにいくつも拝見させて頂いたのですが、出生届の件で苦労された方が多くいらっしゃいます。

 

出産直後にまだおへそが母体と繋がっている時に写真を撮る事。これは赤ちゃんとの親子関係を証明する一つの重要な資料になります。

良く考えてみると、確かに医師などによる出産の証明をなくして出生届を出したら、誘拐した子供を戸籍に入れようとしている…なんて役所に疑われても仕方がないですよね。出生届を出した時の役所でのやり取りや法務局のお尋ねなど今後書いて行きますが、プライベート出産の場合、出産直後に写真を撮る事が重要であると事前に聞いていたので、私達もそのようにしました。そして結論から言うと、この写真がしっかりとした証明となり、2週間程かかりましたが無事に出生届が受理されました。

 

以前描いた漫画で産まれた赤ちゃんをベビーバスに入れるシーンがありましたが、実はまだ臍帯は切っておらず私と繋がっていました。次回は臍帯を切る場面を書いていきます。