【ケイツーシロップ】ケイツーシロップについてのメモ

ケイツーシロップについて書かれた資料
ケイツーシロップ0.2%



以下、資料より抜粋。

どうやらメナテトレノンという成分がこのケイツーシロップの大切な部分のようです。

ではメナテトレノンとはなんでしょう?リンク内の資料を参照。

どうやらメナテトレノンという成分は一般的に赤ちゃんの内出血予防の為ではなく、実際の出血に対しての止血剤として、また骨粗鬆症の骨量や痛み改善のための成分らしいですね。



そして実際のケイツーシロップの効果についてですが、以下のような記述あり。

プロトロンビンとは…

■プロトロンビン【prothrombin】

血漿けつしよう中に含まれる糖タンパク質。トロンビンに変わって血液凝固に関与する。肝臓で生成され、その際、ビタミン K を必要とする。


【効能・効果】の書き方を見るとケイツーシロップは新生児出血症や新生児低プロトロンビン血症の治療の為の薬という方イメージの方が強いですね。ケイツーシロップは新生児の内出血の予防だけではなく、治療の為の薬である事が分かりました。